some image

生產設備

  • 芳泉は日本大和製缶株式会社との長期提携により、最新の製缶技術と設備を導入しています。

  • 窒素充填設備を使用し飲料の味の変化、変色、膨張現象の可能性を改善しています。またアメリカFORMATECから生産設備を導入し、バラエティーに富んだ製品、グローバル化の目標に向かい邁進しています。

    オートメーション化された生産設備モニタリングシステムとトラブル解決システムにより生産過程を一貫性のあるスムーズなプロセスが可能なものとし、最良の生産品質と効率を追求します。また、芳泉は特に7色印刷設備により取引先へ従来の4色印刷を超えた更に優良なサービスを提供し、その先進技術により業界をリードしていきます。

    斬新な設備と科学技術は生産の敏捷性や運用を増加させ、同一生産ラインで350ml及330ml及び500mlの製品生産が可能となっています。アルミ缶の成型、切断、塗装、印刷、リムの処理後は、引き続き漏れ検査となり、プロセスも一貫しています。

some image

販売状況・技術サービス

  • また生産されたアルミ缶はすでに国内の各大手ブランドで使用されており、販売成績が取引先への信頼性を実証しています。

  • 芳泉は民国1985年2月、台湾省菸酒公売局に包装アルミ空き缶の提供を開始しました。1988年に日本の技術と提携し改めて菸酒公売局へ生ビール缶の生産技術や関連設備を提供し、製品の最優秀品質を保証しています。 また生産されたアルミ缶はすでに国内の各大手ブランドで使用されており、販売成績が取引先への信頼性を実証しています。

    当社は日本大和製缶株式会社と提携し、窒素充填設備を導入して取引先へ提供しています。 また定期的なメンテナンスサービスにより、安心して全力生産することができます。

some image

研究開発

  • 取引先及び消費者の皆様への更に優れた製品提供を目指します。

  • 芳泉は絶え間ない改善のため特別研究発展室を設け、取引先及び消費者の皆様への更に優れた製品提供を目指します。 研究発展室は主に新製品の開発、機械、備品、パターンなどの研究開発を行います。

    エネルギー節約、高効率生産方式の研究に力を注ぎ、経済的な効果と利益を達成させます 製品品質は専門技術に精通した人員と精密な品質管理機器により保証しています。

some image